こんにちは。先日、グレイテストショーマンを見てみました。

ぼくは、ここで登場した同世代のサムハンフリーという俳優が気になったので色々と調べてみました。

すると、彼が障害を前向きに捉えて生きていることに自分自身が見習わなければならないことが数多かったです。

サムハンフリーとは


引用:The Greatest Showman – This Is Me Lyric Video

サムハンフリーは23歳のニュージーランド人俳優です。

末端異形成症という成人男性でも身長130cm前後しかならない病気を抱えて生まれてきました。

なので、多くの時間を病院に通うことに費やしてきました。

そんな状況から彼は自殺を試みるほど追い込まれていました。

しかし、今では障害を乗り越え俳優として立派に生きています。

サムハンフリーのインタビュー和訳

黒字:一般人
赤字:サムハンフリー

あなたは誰?

ぼくはサムハンフリー。23歳で末端異形成症という障害を持って生まれてきたんだ。小さいころ、骨があまり成長しなかった…そうぼくは小さな男だ。

末端異形成症という障害を持っているとどうなの?

障害はぼくをとても特異なものにしていて、集団から指を指されたりする。さらに、この障害はショッピングセンターいりことでさえ棚を登るのと同じくらい奇妙な冒険になる。それはかなり危険だが、ジャックと豆の木が好きだ。

出会いに関して何か挑戦していることはあるの?




おお、その質問はおもしろいね。ええと、人はぼくを付き合える対象であるかどうかで見る必要はなくて、どうしてそのように呼ぶのかわからない。見てのとおりぼくは子供のように見えて、奇妙だ。みんなにぼくを知ってもらって、これはぼくの個性で気にしなくなることを願っている。そして、ぼくのような他の人たちにも気にしなくなってほしい。

日々、何しているの?

基本的にぼくはグレイテストショーマンなどの20th Century Foxの映画に出ている。ぼくはずっと大好きだったヒュージャックマンと共演することができた。絶対見てみてね、それを大好きになるから!

五年間どこにいたの?

アメリカにいるときは大きな役を演じていたので、次の五年間は自分自身に目を向けていきたいね。

自分自身についてみんなにしってほしいことは何かある?

良い質問だね、その質問は好きだ。みんなに知ってほしいぼくのことはぼくは障害者でも、小人でもない。おもしろくカリスマ的で笑うことが好きな人間なんだ。知っての通り少し繊細ではあるけどね。ぼくの全ては障害ではないので、ぼくをただの小さな人と見ないで、話しかけてほしい。話そう、ぼくは会話が好きなんだ。

元気でね!

<インタビュー終了>

こちらもおすすめ
上のインタビューでは、障害を抱える苦悩を全くみせていないサムですが、こちらでは障害を抱えてることの苦悩を涙ながらに語っています。

まとめ

これらのインタビューを見た第一印象としてはすごく堂々としているではないでしょうか?

自分なんて平均身長ないことにもコンプレックスを感じているのにすごいしかないです。

もっと、自分もサムのような生き方ができるように精進します。

サムについて気になった方は、ぜひグレイテストショーマンを見てみてください。