出展:映画『ハドソン川の奇跡』オフィシャルサイト

こんにちは大学院生ブロガーの一匹ゴリラです。

先日、「ハドソン川の奇跡」を観てみました。

これぞ史上最悪の冤罪未遂ではないかな

155人の命を救ったはずなのに容疑者扱いされてしまう…

少しでも疑いがあれば、犯罪者のように扱ってします人間の怖さが溢れている作品ですかね。

ハドソン川の奇跡あらすじ

2009年1月15日、極寒のニューヨーク上空850mで155名を乗せた航空機を突如襲った全エンジン停止事故。160万人が住む大都会の真上で、制御不能の70トンの機体は高速で墜落していく。近くの空港に着陸するよう管制室から指示がある中、機長サリーはそれを不可と判断し、ハドソン川への不時着を決断。事故発生からわずか208秒の事だった。航空史上誰も予想しえない絶望的な状況の中、技術的に難易度の高い水面への不時着を見事に成功させ、“全員生存”の偉業を成し遂げる。その偉業は「ハドソン川の奇跡」と呼ばれ、サリーは一躍英雄として称賛される――はずだった。

ところが――機長の“究極の決断”に思わぬ疑惑が掛けられてしまう。本当に不時着以外の選択肢はなかったのか? それは乗客たちを命の危機に晒す無謀な判断ではなかったのか?徹底追及する事故調査委員会、そして揺れる世論。そこに重なる様々な思惑の中、英雄となったサリーは、一夜にして殺人未遂の罪に問われることに・・・。

「救ったのに、なぜ?」待ち受ける試練。突然孤立した彼を支えてくれるのは、数少ない仲間と、心から愛する家族だけだった――。誰が“奇跡”を裁くのか。 世界を震わせる真実のドラマが幕を開ける。映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」公式サイト

ハドソン川の奇跡を観た感想

英雄か犯罪者か?

前例のないハプニングに巻き込まれて川への不時着を選び、乗客の命を救った機長(サリー)。

しかし、周りからは疑いの容疑をかけられ犯罪者のように扱われてしまいます。

そんな中であれほど冷静な判断をくだしたサリーが飛行機墜落の幻想をみるなど精神的に追い込まれていきます。

そんな状況で自分のしたことが間違っていたように思えてきて苦悩する様子を経験を重ねたトムハンクスが演じていて、引き込まれます。

本当に奇跡が起きて良かった

これって飛行機が川に着陸してだれも生きていなかったら

誰も川に不時着することへの経緯を説明することができずに機長は本当に最悪の犯罪者になっていたのではないかな…

そうすると、彼の家族は路頭に迷っていたことが容易に想像できる。

奇跡が起きたことで自分に口で川へ着陸することの正当性を説明することができ、それが証明された。

運命というのは些細なことで大きく変わるものである。

まとめ

この映画をみてから、飛行機に乗る際の印象が大きく変わりました。

実際に飛行機が墜落する確立は宝くじが当選する確立より高い0.00009%であるようです。

自分が乗ったときにサリーさんのような優秀な機長だと良いですね。

ハドソン川の奇跡を無料で見る方法

さて、今回紹介したハドソン川の奇跡ですが、実は動画配信サービスU-NEXT
で無料で見れちゃいます!

登録から31日間は無料なので、ぜひこの機会に登録して見てみてください! スマホからも見れますよ~ さらにその他にも話題のドラマ、アニメも全て見れるのでこちらを見る方もU-NEXTは登録の価値アリです!!!