『大学で毎日友達とワイワイした大学生活を送るはずだったのにぼっち』
『ぼっち飯をしていると泣きたくなる』

大学でぼっちであることに悩んでいる人は多いです。

ぼくも友達をつくることが苦手であるため、周りが楽しそうに騒いでいる中を一人でいることのつらさはすごくわかります。

しかし、少しの勇気ですぐに大学でのぼっち生活から卒業することができました。

ぼっち生活から卒業することはできたのですが、意外とぼっち生活のメリットも大きかったと感じました。

大学はぼっちになりやすい

大学はシャイで自分から行動を起こさないような人はすぐにぼっちになってしまう環境が整っています。

今までは小・中・高と嫌でも毎日学校に行けば、同じクラスメイトと顔を合わせていました。

そんな環境であるので、気付けば友達ができます。

しかし、大学は毎日決まりきった人とは会うことはなく、自分から話しかけるなど行動を起こさないとなりません。

この大学までは受け身で友達ができていたとこが、大学からは積極的にならないと友達ができなくなってしまったため、ぼっちになりやすくなってしまいます。

大学でぼっちにならないために

自分から望んで大学でぼっちな生活を送っている人の大きな特徴はプライドが高いことです。

プライドが高いことで友達を作るための過程で傷つくことを恐れて自分から友達を作るための行動ができません。

なので、まずはプライドを捨てましょう

そして、初めから多くの友達を作ろうとは考えなくてよく、一人の友達を作ることに集中してください。

一人の友達を作ることができれば簡単で友達になった友達と仲良くなれば良いのです。

友達の友達と仲良くなることは何もないところから友達を作るより、圧倒的に楽です。

なので、一人の友達を作ることに集中してください。

ぼくは初めはぼくと同じようにいつも一人で過ごしていた人に話かけ、仲良くなりました。

その友達も全然大学内には友達がいませんでしたが、その友達も少数ではありましたが友達を作り、すぐにぼくの友達の輪は広がっていきました。

なので、大学でぼっちから卒業するために大変なことは初めの少しの勇気だけです。

この勇気があるかどうかが大学でぼっちの生活を送るか、友達とワイワイとする大学生活を送るかの違いだと感じています。

大学ぼっち卒業後は

ぼっちを見事卒業したぼくとしては、大学でぼっちであることのメリットも大きかったと感じました。

それは、 大学で友達を作ることで飲み会などに誘われることも増え、自分一人の時間はすごく減ってしまいました。

ぼっちである時は孤独に対してストレスを感じていましたが、ぼっちを卒業してみると他人に合わせることへのストレスを感じるようになりました。

こう感じたことにはぼくが大学でぼっちである時は時間を有意義なものに使えていたと思います。

読書をすること
英語や資格の勉強をすること
ブログでお金を稼ぐこと

しかし、ぼっちでなくなったら時間の使い方がすごく変わってしまいました。

飲み会のコールを覚えること
朝までカラオケ
友達の間で流行っているゲームをする

ぼっちでなくなった少しの間はこのような友達とダラダラする生活が楽しかったですが、しばらくするとこのままでは自分はダメになってしまうような危機感に感じる毎日に変わりました。

そこから、飲み会を欠席することも増え、結局はぼっちである時とあまり変わらない生活に戻りました。

しかし、作った友達の何人かはぼくと同じような考えをもっていて、その人達とたまに一緒に過ごしたりするような関係だけ保っています。

大学ぼっちまとめ

大学でぼっちで辛い方はプライドを捨てて、一人だけの友達作りに集中すれば、すぐにぼっちから卒業できます。

しかし、友達を多く作り、ぼっちである孤独でなくなっても、ぼくのように他の人間関係などで悩むことは増えると思います。

なので、大学ぼっちでなくなった後に『ぼっちの時は気楽でよかったなー』と感じることもあると思います。

その時にまた以前のようなぼっちの生活に戻れるのではないかと恐れず、自分にとって無駄な人間関係を断ち切る勇気を忘れないで下さい。

是非、大学生という貴重な時間を人間関係を作る勇気と人間関係を断ち切る勇気を持って、大学生活が貴重なものになるように頑張ってみてください!