先日、大学を卒業してきました。

ぼくは、卒業直前にPairs で彼女ができました。

当時、勇気を出して行動したこと良かったと思っています。

大学4年間で彼女ができなかった男たちの末路は悲しいので、本気で行動してみてください。

大学生で彼女ができない人の心情の変化

大学生活で彼女ができない人はこんな感じで心情が変化するのではないでしょうか。

1年:大学生活で彼女5人ぐらい作るぜ!

2年:一人だけでも良いから、彼女作ろう。

3年:大学で彼女なんて本当にできるのか?

4年:もう無理だ…

こんな感じでどんどん自信を失っていってしまいます。

やはり、大学で彼女ができない人はどこまで自信をもって行動できるかが重要になります。

また、彼女ができない期間が長いほど、付き合う友達も彼女がいない人が増えていきました。

大学生は入学した瞬間に彼女を作ることが大事

大学生になって彼女ができない期間が長いと、周りも同じような人ばかりになってきます。

さらに気持の面でも大学生活の早い段階で彼女を作ることは大事でしょう。

実際に早い段階で彼女を作れた人達は良いサイクルを作り出し、複数の女性と付き合えています。

そのためには大学入学した瞬間に多くのサークルに入ったり、バイトなどで人との繋がりを増やすことが重要です。

勇気を持って、色んな人達と交流してみましょう!

Pairsをやってみるべき

多くの大学生は出会いがないから彼女ができないわけです。

なので、女性と出会えることができれば彼女はできます。

そこで、ぼくは出会い系アプリPairsを始めました。

そして、彼女ができました。

しかし、出会い系で良い出会いなんてないと思っていましたが、意外と真面目な方も多くてビックリしています。

Pairsには大学生も多いので、大学内で出会いがない方には非常に有効なツールです。

まとめ

人生で一番彼女を作りやすいといっても過言ではありません。

しかし、逆に大学生活で彼女ができなければ、その後一生できない可能性もあるということです。

大学生で出会った彼女と結婚するということも多いですから、大学生活で彼女を作らないのは非常にもったいないです。

大学生の内に行動しましょう!