こんにちは。21年間童貞を貫いてきたブロガーです。

今では普通に中学生でさえも、童貞でない子が多いと聞きます。

そんな中で童貞ということがバレると驚かれ、少しつらい扱いを受けることもあります。

こんな感じなのですごく童貞を卒業したくてたまりませんが、少し童貞側の意見も聞いて欲しいのです。

僕が童貞である言い訳

多くの童貞は一人も女性に告白したことないような人たちばかりですが、僕は今までアタックはそれなりにしてきました。

僕が童貞である言い訳をさせてもらいます。

自分自身でも言い訳とわかっているので、イライラはしないでください。

1.男としか生活してない

ぼくは3人兄弟で父子家庭です。

小さい頃からこの状態でした。そう、女というのがどういう生き物かをぼくは知らないのです。

共に女性と生活していれば、女性を同等の存在と見れるかもしれません。

これで、女性との関わり方をあまり学べなかったのです。

3.誠実である

ぼくは基本的に誠実であり、軽々しく女性に性行為を求めるようなことはできません。

出会いはナンパやSNSなどで出会うことはぼくの考えでは非誠実なものでした。

出会いは図書館で出会うような自然なものでしかダメで初めては好きな人としかダメという考えです。

3.毛深い

ぼくはかなり毛深いです。

こんな風に胸毛はふっさふっさです。

さらに尻全体に毛がありますし、髭もすごく濃いです。

最近はツルツルな男がモテる時代ですし、自分の裸を見るだけで引かれるのではないかと思ってしまいます。

4.女性の見る目がない

近年の女性の見る目がありません。

男らしく強い硬派でブサイクな男はなにもチャンスがありません。

今モテる男は中性的でナヨナヨした自己中な男です。

ぼくが目指している人物像とは全く一致していません。

5.周りが男ばかり

ぼくは大学の工学部に入学したんですが、8割を超える男の割合をしています。

所属した部活も男ばかりでした。

女子との接点はまずありません。

さらにそんな友達ばかりであるので、女の子を紹介してくれるような友達はいません。

まとめ

今回は童貞であることの言い訳をさせてもらいました。

しかし、これらはくだらない言い訳であることは十分分かっています。

これから童貞を卒業して、魅力的な男になれるように努力します。

もし、皆さんも童貞であることに悩んでいるのであれば、ぼくと一緒に頑張りましょう。

ぼくは全ての童貞を応援します!