近年、『人は見た目が9割』と言われるようになったことで、「見た目」や「第一印象」のことを気にする人が増えてきました。

そんな中、ブサイクでもないのに損をしている人たちが顔が怖い人たちです。

僕自身も今まで、「フランケンみたい」「顔面凶器」などと言われてきました。

ただ、顔が怖いことをプラスに変えられることを知っておきましょう。

顔が怖いことのデメリット

顔が怖いことは第一印象におおきな影響を与えてしまいます。

ただのブサイクであれば、美人より「話しやすそう」という感情を抱いてもらうことができるでしょう。

しかし、顔が怖い人が第一印象で相手に与える感情は恐怖感です。

これは、初対面の人と仲良くなろうと考えた場合は大きな障害になります。

普通の人はやらない、相手の恐怖感を取り除く作業が必要になるからです。

まず、相手から話しかけられることはありません。

初対面の人と仲良くなるためには、自分から話しかける以外の方法はありません。

顔が怖い人で人見知りの人は友達を作ることは非常に難しく感じているでしょう。

顔が怖いことを改善

顔が怖い人で、努力次第では、怖い顔でなくすことも可能です。

顔が怖いと思われる方に多い顔の特徴は目つきが悪いことです。

目つきが悪いことを改善するためには、毎日のマッサージを行うことが重要です。

こちらの動画で目つきの悪さを改善するためのマッサージが紹介されています。

さらに、女性の場合はお化粧を変えることでも、顔の印象を大きく変えることができます。

こちらの動画で柔らかい顔を実現するメイク術が紹介されています。

毎日の少しの努力で顔が怖いことを改善しましょう。

顔が怖い人はギャップを使え

顔が怖いことで第一印象はマイナスからのスタートです。

顔が怖いことをマッサージでもメイクでも改善できない人は第一印象が悪いことを利用しましょう。

顔が怖いことで初対面の人が自分に抱いている印象は明らかに怖いです。

その印象が明らかであるだけにギャップを作ることは簡単です。

ギャップをつくることで、普通にしているだけなのに「すごく良い人」と相手に思わせられることは簡単です。

顔が怖い人が相手にギャップを感じさせるためには、かわいい優しいよく笑うと思わせれば、相手がギャップ萌えしてくれます。

かわいい・やさしい・よく笑うと相手に感じさせるそれぞれの方法はこうなります。

1.かわいい
・居酒屋で頼むお酒はかわいいお酒だけにしよう。
・くしゃとなるかわいい笑顔ができるようにしよう。
・ワンポイントにかわいい装飾品を身に着けよう。

2.優しい
・動物を大切にしよう。
・全ての人に思いやりを持って、接しよう。

3.よく笑う
・人と話す時はできる限り、笑顔を心がけよう。
・人の話がおもしろくなくても、大声で笑おう。