こんにちは、M1(@lone-gorilla.com)のゴリラです。

大学生ならTOEICが600点くらいあれば、だいぶ就活で役にたつのでTOEIC600点とりたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

でも、どうやって勉強すればよいのかわからない人は多いと思います。最も簡単に結果を出そうと思うと、スタディサプリなんかはすごくお勧めです。



しかし、大学生なのであまりお金を使いたくない&勉強もしたくない方におすすめのTOEICで600点を達成する方法を教えます。

TOEIC600点は簡単

中堅程度の大学ではTOEIC600点を達成するのは難しいものとされていますが、全くそんなことはありません。めちゃくちゃイージーです。
注:ここでのTOEICはL&Rテストを指します。

L&Rテストであれば、書くわけでも話すわけでもなく、選択肢が与えられている。そのため、きちんとした英語の知識がなくてもある程度の点はすぐにとれます。

なので、ぼくが思うにはTOEICで600点とるためには単語や細かい文法をひたすら暗記する必要はありません。

ただ暗記する作業は苦痛でおもしろくないので相当気合が入っていないと続きません。

TOEIC600点を簡単に取る方法

TOEICで600点をとるためには、勉強する必要はないです!

しかし、これらのことを楽しみながら行ってみて下さい。毎日、楽しみながらできるときっと3ヶ月程度で600点はとれるようになるでしょう。

英語で好きなものを見る

あなたにも何か英語を話す有名人であったり、好きな海外のスポーツがきっとあると思います。それを日本語に訳されているものではなく、英語で読んだり聞いてください。

例えば、ぼくは海外サッカーが好きで全てのサッカーに関する情報を英語で仕入れるようにしました。そうすると、日本語の記事より英語の記事の方が圧倒的に多いのでさらにサッカーに関する情報を得れるようになりました。

さらに選手のインタビューを英語で聞いたりするのはこの選手はこんな声してたんだというような発見があり、今まで以上にサッカーが楽しめるようになりました。

こんな風に日常に英語を取り入れてみて下さい。

洋書を読む

洋書を読むなんて難易度が高いと思うひとも多いと思います。しかし、ぼくからすればTOEIC対策のつまらない英文を読み続ける方がかなり難易度が高いように感じます。

洋書を読むことはおもしろいかつ勉強にもなるのでかなり良いです。自分が読みたかった洋書があるのであれば一石三鳥にもなりますね。

でも、何のアイテムも使わずに洋書を読み進めるのは確かに難しいと思います。そこで超便利なアイテム電子書籍kindleを使いましょう。

kindleを使えばこんな感じでわからない単語をタッチすると一瞬で調べることができます。

さらに文も選択すると一瞬で翻訳してくれます。

こんな感じなので本の内容がわからずに全く楽しくなくなるようなことはありません。楽しみながら英語が学習できます。

洋画を見る

洋画をみるだけでなく、音声か字幕のどちらかを英語にして意識しながら洋画を見てください。

さらに音声と字幕のどちらも英語にすることで内容が一通りわかった後にそうしてみるとかなり効果は高いです。

洋画で英語を勉強するなら英語の字幕を出せ、吹き替え版も充実しているHulu がおすすめ。

まとめ

本当に簡単に英語を勉強できる良い時代になりました。皆さんが今まで英語が勉強できなかったのは間違いなくつまらなかったのが理由です。

これからはここで紹介したように楽しみながら英語を勉強するようにしてみて下さい。

ここで書いたような楽しみながら勉強ができれば毎日、自分からこれらのことをするようになります。すると、3ヶ月でTOEICで600点とるのも楽勝です。

ぜひ、楽しく英語を勉強してみて下さい!